先輩社員紹介

true

多機能型事業所 よこがわ  就労継続支援B型

入木 萌(26歳)

出身:県立広島大学  保健福祉学部 人間福祉学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    【知的障害のある方への支援】

    私の所属している就労継続支援B 型は、知的障害のある利用者さんが作業(タオルのリース作業、手紙の封入作業、公園清掃など)をして工賃(=給料)を貰うところです。また、行事やダンスなどの楽しい活動や、地域の小学生との交流も行っています。
    主な仕事は、利用者さん一人ひとりの要望の実現に向けて支援を行うことです。例えば、「作業にやりがいを持てるようになりたい」方には、正確性を高める道具を提案したり、数値目標を設定したり、作業リーダーを任せています。また、「楽しく過ごしたい」方には、好きなピアノや創作活動をする時間を作り、多くの方に披露する機会も提供しています。その他、利用者さんの悩みや困りごとの個別相談、日替わりで支援現場のリーダー、学生さんへの福祉実習指導なども行っています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    【より良い支援方法の発見】

    支援のアイディアが、利用者さんにとって良い変化が生まれたときに、大きなやりがいを感じます。利用者さんの中には、自分の気持ちや要望を伝えることが難しい方も多いです。利用者さんの日々の様子から、「ストレスを感じるから、○○して欲しい」などの困りごとのサインや、表情の変化などから好きなことや得意なことを見つけています。そのサインや得意なことから工夫した支援方法が、その方にピッタリと当てはまる時があります。小さな工夫で利用者さんのストレスが減って過ごしやすくなったり、得意なことをより生かすことで周りから褒められて笑顔が増えると、この仕事をして良かったなと思います。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    【ステップアップ+働きやすい職場】

    学生のときに、知的障害児への支援に関する研究や、ボランティア活動をしていました。障害者家族の思いを知る機会も持てたことから、知的障害者の親の会が設立した「手をつなぐ育成会」に興味を持ちました。実際に施設を見学して、1、複数の事業所がある、2、研修制度が整っている、3、職場の雰囲気の良さ、4、福利厚生が充実していることを知りました。特に1,2から、知的障害のある方への支援について、「知識」と「経験」の両面から学び続けられることに魅力を感じました。入社後には、各種休暇制度の取得や、希望する休みも取りやすいことから、働き続けやすい職場環境と強く実感しています。自身の「ステップアップ」と「働きやすさ」から、「広島市手をつなぐ育成会」を就職先に選びました。

これまでのキャリア生活支援員(3年)、職業指導員(1年)

先輩からの就職活動アドバイス!

私の就職活動を振り返ると、いろいろなことに悩んだ時期だったと思います。実際に、多くの就職説明会や施設見学に参加しました。そこで得た情報を基に、将来の自分を具体的にイメージしました。その結果、やりがいを感じられる現在の職場と出会えました。
就職活動中は、不安を感じることもあるかもしれませんが、「この会社に入って良かった!」と思えるように、前向きに頑張ってください。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • 良き理解者として辛抱強く支えていくこと

    true

    障害者支援施設いくせい

    古堅 宗樹(28歳)
    日本福祉大学  福祉経営学部 医療・福祉マネジメント学科 卒
  • 障害のある方への生活支援

    true

    広島市東部障害者デイサービスセンター

    坂口 夏実(24歳)
    県立広島大学  保健福祉学部 人間福祉学科 卒
  • 相手の目線に立って考える事

    true

    障害者支援施設いくせい

    三小田 亮(25歳)
    広島修道大学  法学部法律学科 卒
連絡先:
社会福祉法人広島市手をつなぐ育成会
〒733-0004
広島県広島市西区打越町17-27
採用担当:法人事務局
TEL:082-537-1772